<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ヒメギフチョウの交尾

陽だまりで体温を上げている雌
d0098057_9192340.jpg


そこへ雄が乱入
強引に、ある意味ではレイプである(と「青森の蝶たち」の管理人さんが)。
d0098057_9213264.jpg

d0098057_9215691.jpg

d0098057_9221576.jpg

d0098057_923193.jpg

d0098057_9232689.jpg

[PR]

by shioyawho | 2007-12-29 09:25 | | Comments(0)

仕方なく2.

稚内まで海岸沿いを走る国道238号、夏場の景色は一見の価値が。

d0098057_8522992.jpg

d0098057_856281.jpg


オホーツク海
以前はこの海でも鰊が大量に。
d0098057_857165.jpg


酪農も盛んだったらしい
d0098057_8591626.jpg


唯一撮れた鳥、シノリガモ
d0098057_9162.jpg


エルタテハ?
コミュニテイーセンターの和室、ここで越冬をと決めたようだ。
青森では希少種だが、北海道では普通種のよう。
d0098057_943425.jpg


キタキツネ、足跡のみでした。
d0098057_964029.jpg


音威子府駅に入って来る「スーパー宗谷2号」、これで札幌まで約3時間の旅
d0098057_914345.jpg

[PR]

by shioyawho | 2007-12-28 09:07 | その他 | Comments(4)

毛蟹の町1.

所要で妻の実家のある北見枝幸へ。
五度目の地、今の時期では初めてである。
やはり北海道は夏場に限る、雪国育ちの私には大した魅力もないような・・・

以前はここにも鉄道が、天北線の浜頓別駅で興北線に乗り換え最終の北見枝幸駅へ。
今はバスに切り換えられ、情緒を望むのは無理である。
d0098057_4231439.jpg


まもなくこの海にも流氷が、夜中に氷の軋む音が聞こえるとか。
d0098057_4271057.jpg


毛蟹、この大きさだと一杯食べるのが限界。
初めて来た時は洗面器山盛りに出され、食べるのに四苦八苦した記憶が。
d0098057_4325128.jpg

[PR]

by shioyawho | 2007-12-27 04:33 | その他 | Comments(2)

ネタ切れ対応

外での撮影がほぼ不可能に、仕方がないからゴミ山でも掘り起こすとしよう。

雪の残る三月末、真っ先に姿を現すのがこのヒオドシチョウ。
この時期に蝶? 嵌るキッカケになったのがこの蝶である。

d0098057_9142042.jpg

d0098057_9152165.jpg


同じ越冬体でも上とは大違い。
でも日が差すと翅音を立て元気に飛び回っている。
d0098057_9171749.jpg




yurikaちゃんへ
越冬した個体と比較用に一枚
d0098057_3514969.jpg

[PR]

by shioyawho | 2007-12-21 09:17 | | Comments(4)

冬の空

手持ち無沙汰なので裏の海岸へ、遠出するだけの時間もないし。
珍しくバードウォッチャーが数名、狙いはコクガンのようだ。
ここ原別海岸は湾内でも有数の飛来地、そんな噂でも聞きつけやって来たんでしょうね。
図鑑にはあまり鳴かないと、でも結構賑やかである。

見えているのは全てコクガン
以前は綺麗な砂浜だったのに・・・
d0098057_5173348.jpg


津軽富士と呼ばれている「岩木山」
d0098057_5193847.jpg


北八甲田連峰
d0098057_5205440.jpg


水平線の向こうは北海道
d0098057_521453.jpg

[PR]

by shioyawho | 2007-12-10 05:23 | その他 | Comments(0)

常連ばかり

ネコの額にえさ台を設置。
冬期間のえさ不足を補えればと、被写体不足の為にもでもあるが。
狙いはコガラなどのカラ類なのだが、毎日やってくるのはスズメだけ。
こんな台では仕方がないのかも・・・
d0098057_985639.jpg


喜んでいるのは居候だけ、窓ガラスに顔を引っ付けて飽きずに見ている。
寒スズメ?は美味しい、そんな事でも思って見ているのだろうか。
d0098057_972892.jpg

d0098057_975131.jpg

[PR]

by shioyawho | 2007-12-06 09:11 | 野鳥 | Comments(2)