イチゲにヒメギフ

4月11日
昨日より低めの気温で風も少しあり。
近くで熊出没とパトカーに注意喚起され、カーラジオつけっぱなしで散策(林道脇が棲息地)。
足元から飛び立ったのがキクザキイチゲに、とりあえず証拠写真。
近寄って二枚目と思った瞬間に・・・・、残念、悔しい。
カタクリと違い、ほんの数秒だけしか止まってくれない。
イチゲに止まるのは大体8~9時半前後、日が高く気温が上がってくると全然。
そのイチゲも開ききったものではだめ、半開き状態のものにしか。
ここは他の棲息地と違い、カタクリより断然イチゲの数が、そのためなのか。

d0098057_4363391.jpg

d0098057_4321868.jpg

d0098057_4361635.jpg

d0098057_4363272.jpg

[PR]

by shioyawho | 2009-04-12 04:36 | | Comments(2)

Commented by saunterA at 2009-04-12 18:03
ふうさん、クマに気をつけてくださいね。
もしヒメギフとクマが仲良しだったら、ふうさんをおびき寄せるかもしれませんよ!(笑)
蝶撮影してる時って必死だからクマの足音も聞こないかも、と思うと冗談ぬきでコワイです。
Commented by shioyawho at 2009-04-13 03:14
昨年某支店の社員が熊に襲われ、顔面に深い傷を。
バッタリ遭遇が一番危険らしい、お互いがビックリするからでしょうか。
蝶や山野草を撮影していて獣らしき匂いが、そんな時は即退散を。
臆病者なんです。
一時は熊のエサ用?に居候を共にしたことも。