ウラクロシジミ

更新するネタがないので、22日撮影分を、あくまでも証拠写真です。

この日も例の如く6時半過ぎに出撃。
風は強いし時折霧雨交じりの悪天候、無理だろうと分かってはいるのだが身体が・・・
今回初めて釣り竿による叩き出し戦法を、いくら叩いても出てくるのは蛾だけ。
往きは一応期待を込め左側、帰りは落胆しながら右側を。
不貞腐れながら叩いているとまた白い蛾が、ん!? 蛾にしては飛び方がおかしい。
追いかけるとウラクロではないですか、当然小躍りを。
夏日二日目の昨日羽化?したばかりのオス。
近場に止まるように止まるように、念じながら見守っていると300㎜でどうにか届く距離に。
人間欲を出すとダメですね、もっと近くへと枝を揺すると飛び立ち藪の中へ。
二度と姿を現すことはありませんでした。

d0098057_9543618.jpg

[PR]

by shioyawho | 2008-06-24 09:54 | | Comments(4)

Commented by 空飛ぶ父 at 2008-06-24 23:26 x
ウラクロシジミ、この渋い翅裏と真珠色の翅表、憧れの蝶なんです。
実は、先週撮影に行って見事に空振りに終わりました。(笑)
これから、一気にゼフが登場しそうですね。
楽しみにしています!
Commented by shioyawho at 2008-06-25 04:52
ゼフ撮影旅行、嫌というほど見せつけられ少々凹んでいます。

ウラクロ、見たのはこの一頭だけ、フライング?
あとが全然出ないんです。
ここのフィールドでは、ジョウザンの次に多いゼフなんですが。
低温続きの天候が影響しているんでしょうか。

昨年の今日25日にメスアカを、曇り空ですが期待を込めて出掛けようかと。
Commented by いく@しずおか at 2008-06-25 17:26 x
蝶を撮るって本当に難しいんですね。
気温上がれば出てくるんですか?
祈ってます!気温あがれ〜〜!!
Commented by shioyawho at 2008-06-26 05:13
いくさん
今年は異常、例年であればそんなに苦労しなくても見られるんです。
金・土・日と天候が回復、気温も20℃越えになりますので、一気に出る可能性も。