蜘蛛の糸

ギャーッ!!
世にも恐ろしい光景が、あちこちの木々から糸を垂らして、青いのやら薄茶色のやらのイモイモが、ブランブランと風に揺れている。
枯れ枝で払っい除けようとしたが躊躇を、一瞬カンダタのことが頭をよぎったからだ。
地獄に落ちた時、この糸で極楽に行けるかも。
でも払いのけ地面に落とした、とてもでないがイモイモがぶら下がっている糸なんか上りたくもない。

目的はサルメンエビネ(絶滅危惧種1B)
イモイモ警報発令の中、前後左右に眼を凝らしようやく。
蝶に熱中しすぎの為、少しばかり時期はずれ。
d0098057_10122999.jpg

d0098057_1083458.jpg


数株が花穂をつけていない、なぜなのか分からん。
叶うことがないでしょうが、夢は白花を見つけること。
[PR]

by shioyawho | 2008-05-22 10:09 | 山野草 | Comments(0)