キクザキイチゲ

4月6日、快晴の日曜日なのに出勤日。
出勤(12時出勤)までに三時間、勿体無いので一番近いフィールドへ。
d0098057_427154.jpg

d0098057_4272816.jpg

d0098057_4335082.jpg


イチゲにヒメギフ、初めてのシーンである。
ピンを合わせているとこへオスが乱入。
d0098057_431964.jpg

d0098057_4312973.jpg

d0098057_4314550.jpg

d0098057_432360.jpg


余計なことを、じっくり撮ろうと思っていたのに。
[PR]

by shioyawho | 2008-04-07 04:37 | | Comments(4)

Commented by 空飛ぶyurika at 2008-04-07 11:55 x
ヒメギフやギフチョウって、つつじやすみれにも来るけれど、下向きに咲いてる花によく吸蜜にきますよね。吸蜜に疲れないかな~?と思います。
でもキクザキイチゲのような紫色の花が好きなんですよね。
私は人工的な紫色は嫌いですが、自然がつくった紫色は大好きです!
Commented by shioyawho at 2008-04-08 04:59
早春の花は下向きに咲くのが多い、ただそれだけ。
そんなはずがあるわけないですよね。
カタクリや桜のピンク、スミレやイチゲの紫に反応する何かが。
その何かがサッパリです。
いい加減な回答ばかりで・・・
Commented by ze_ph at 2008-04-09 23:43 x
ものすごく珍しいシーンなので驚きました。
そもそも、本州のヒメギフがイチゲに訪花すること自体稀なのに、その訪花したオスに別のオスが誤求愛しているなんて・・・アブノーマルの極みです(笑)
とても貴重な写真だと思います。

ところで、カタクリやスミレの紫は好むのに、イチゲの紫は好まないのは、どうしてなんでしょうね・・・
Commented by shioyawho at 2008-04-10 04:26
場所はエルを見た林道の入口、ここはカタクリよりもイチゲの方が密度が濃いです。
先に訪花していたのが小さかったものでメスとばかり、恥ずかしいです。

ze_phさんに分からないものが、私に分かるはずないですね。

浅虫、カタクリも開花したのがチラホラで早いようです。
一頭も目撃できませんでした。